20代後半から30代後半女性のお肌のお悩みについて

女性の20代の後半から30代の前半にかけては、人生の中でとても変化の多い時期であると言えます。

転職、結婚、出産、それらに伴ってお肌が感じるストレスも増加していきます。

化粧のノリが悪くなったり、ベタベタなのにカサカサしたり、毛穴の汚れが急激に目立ち始めたり、ハリがなくなり始めたりします。

 それらの根本的な原因は、水と油のバランスが乱れ始める所にあります。

その為、洗顔料を選ぶ際には「潤い成分」、「お肌のキメを整えてくれる成分」、「ハリや弾力を与えてくれる成分」、「引き締め成分」に気をかけてやると良いです。

 「潤い成分」は、糖質へと働きかけて、ぷるっぷるのあかちゃん肌へと導いてくれます。

お肌のキメを整えてくれる成分は、ミネラルへと働きかけて、艶ピカ美肌へと導いてくれます。

ハリや弾力を与えてくれる成分は、タンパク質へと働きかけて、モッチモチの美肌へと導いてくれます。

引き締め成分は、有機酸へと働きかけて、みずみずしくてツルッツルな美肌へと導いてくれます。

 乾燥肌に悩まされている場合ではありません。コスメランキングなどを参考にしてみることも有効的です。

ご自身の肌を守れるのは、ご自身の判断だけです。

肌は年齢と共に変化してゆきます。

社会に適応していくように、年齢による変化に対しても目を背けるべきではありません。

悩むこと自体は悪いことではありません。

ですが、それはご自身だけに限った話ではありません。

試行錯誤しながら、様々な方法にチャレンジしてみましょう。